西城秀樹さんの死と四柱推命。

遅ればせながら、去る16日に他界した西城秀樹さんですが、

Wikipediaによれb1955年4月13日広島生まれとある。

この方は年齢詐称の噂があり、實は2年くらい年上ではないかとも言われていた。

私が真理を知る余地はないので何ともコメントしようがないが、

これを四柱推命で命式を作成すると、

/甲庚乙

/辰辰未

用神は甲木

忌神は庚金、火

大運 2017年(62歳)~癸酉

日干甲木は年干乙の救けはあるものの弱く、地支に通根なく弱い。

月干の庚は強力に甲木を剋している。

大運では昨年から人生で初めて酉(金)が回座し自身を刻むように剋している。

最初の脳梗塞が2003年(乙亥)、再発が2011年(甲戌)とあるが、

この時期を見ると、忌神である金と火はない。

むしろ2011年は甲木が廻り比肩が自身を強くしているのだから、

2回目の脳梗塞は何かほかの力関係によるものと考えたほうがよい。

そして、今年2018年は大運が癸申で確かに申金が甲木を剋すが、

庚金ならばいざ知らず地支の申だけで死に至らすような力はないと見たほうが自然。

どうも、生年月日が違うのではないかと疑ってしまうのは私だけだろうか。

彼の病歴を鑑みれば、2巡前と1巡前が悪く、さらに現在の大運が決定的に日干を剋すものでなければならないはずだからだ。

ちなみの私は、西城秀樹さんの2日前の4月11日生れで、

命式年月の天干地支、そして大運も同じである。

だた、日干は弱い壬水なので昨年からの大運、癸酉は大変有難い(余談)。

郷ひろみ、野口五郎とともに御三家として一時代を築いたスターだけど、

正直あまり彼ら3人に傾倒したわけではないのだが、

同年代が亡くなることについてはショックではある。

合掌。

 

不倫相談は必ず解決します。

不倫もひとつの愛の形です。

世間的には許されないことでも、

好きになってしまうことは自分の意思とは別物。

罪悪感や自責の念を持たないこと。

不倫相談者の多くは実に真面目な相談です。

相手の家庭を壊してしまうことが恐ろしくて時分の罪の深さを責めます。

それはそうです。被害者は不倫相手の配偶者ですから。

しかし、所詮不完全な人間のやることです。

真理や常識、モラルと道徳は時代によって変化してゆくもの。

現代には現代の常識や道徳があるだけで、人類の歴史の中の一部だと

大局的かつ多元的に考えて肯定も否定もしないことです。

かつて、明治を築いた勝海舟は、同じ屋根の下に本妻以外に3人の妾(古い)がいたとされます。

「英雄色を好む」ではないけど、100人の女性には100通りの魅力があるもの。

200万年の人類の歴史の中、有史たるやたかだか2~3万年です。

DNAに刻まれた習慣や本能はそうやすやすとは消えません。

ましてや法律や道徳でしばりつけても本能が勝つこと歴然。

不倫は必ず解決します。当たる解決方法をぜひ味方にしてください。

断易の信頼性

断易で「失せ物占(うせものせん)」という占術がある。

見つからないものを探すわけ。

この失せ物に関し、今日は2つ良いことがあった。

1、カードの紛失

用神は官鬼もしくは妻財。掛によると家の中の小さな場所にあると出たが2週間

してもみつからない。ついに銀行にカード再発行の依頼に行った次の日、私の財布

の中にあった。

2、1か月前にバンド練習のスタジオで紛失したワイアレスマイクのパーツ。

落としたか置き忘れたかどちらかと思い諦めていたところ、当日着ていったベス

トのポケットにあった。

今日はいっぺんに二つの探し物が見つかり最良の日となった。

 

奇門遁甲について(つづき)

前回の「門金鎖の陣」は「八門金鎖の陣」の誤りでした。

失礼しました。

さて、ここで本を1冊紹介します。

「奇門遁甲入門」小野十傳著。

めったに見かけない「奇門遁甲」の著書の中でもわかりやすく書かれた本です。

たとえば、彼の気持ちを自分に向かせるためには、

デートの日時を決めて、どの方角から店に入りどの位置の椅子に座ると叶う。

仕事のプレゼンで、クライアントと契約にこぎつけるには、

やはりどこから入店してどの位置の椅子に座るか、

また、ライバル会社を不利な状況に持ってゆく方法など、

実践に即した方法が紹介されている。

次回はその実例を紹介します。(つづく)