断易、奇門遁甲、応期について

断易、奇門遁甲には応期(おうき)と言って、卦や方位取りの結果がいつ実現するかがわかります。

断易の場合は原則的に

1、動くものは止まった時、または値日

2、静かなものは動く時、または値日に応じる時

とされていますが、基本的には用神の十二支の日や支合する十二支の日です。

奇門遁甲では、使用した盤(時盤、日盤等)からかなり複雑な方法で出しますが、

実は先日奇門遁甲で吉方位取りをした際、応期の前日に結果が出ました。

現実では必ずしも当日ということではなく、前後1日くらいの誤差は出るものです。

「たいようの館」taiyou-y.tokyo

池袋・占い・当たる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です