ブログ

易者はすごい!

易は3つのカテゴリ―に分けられます。

周易、断易、梅花心易の3つ。

周易は天才の占術と言われる。

現在、周易はあまり占術としては使用する占い師は少なく

断易による占いが多いのです。

しかし、4000年の歴史をもつ周易はかなり使い勝手がよく、

サイコロ3つあれば数秒で結果を得られます。

周易の達人「横井伯典」著作

『現代の易』を紹介します。

DSC_0301

3冊セットで1万円ですが、その価値はあります。

「たいようの館」

池袋・占い・当たる

taiyou-y.tokyo

池袋・占い・当たる

 

周易、本日の「日筮」

毎日の運気を占う「日筮・にちぜい」

今日は「風沢中浮」ふうたくちゅうふ

DSC_0288

内卦は兌、外卦は巽

沢に風邪が乗る形で

このような卦。

3爻と4爻が陰で上下を陽爻ではさまれた形。

学問や芸事には吉だが、

敵ができやすいので何事にも敬意を表しながら過ごせとのこと。

「たいようの館」

taiyou-y.tokyo

占い・池袋・当たる

甲木の証明

DSC_0280

これは何か?

現在放映中の「軍司連盟・司馬懿仲達」のワンシーンだ。

写真の男は仲達の息子のひとり司馬昭。

かれの説明はさておき、かれが手にしているものは何か。

後漢時代の鍬である。

当時は金属が貴重で農具には使われていなかったらしく、

木製である。

これから五行歴の「木剋土」木製の鍬が土を耕す(剋す)となった。

あまり剋すことはできなかったと思われるが・・・・

taiyou-y.tokyo

たいようの館

池袋・占い・当たる

周易を始めました。

易は、中国4000年の伝統がある占い手法です。
占いといってもいろいろな占いがありますが、どんな占いがもっとも当たるのか、ご存知ですか?
実は、占いは、「当たると信じている人の数×年数」で、
的中の精度が上がってくると言われているのです。
タロット占いは、せいぜい数百年の歴史しかない占い手法ですが、
こちらは、4000年の歴史があります。
さらに、西洋人も多いですが、中国も人口はかなり多いです。
4000年が積み重なって、今なお、的中するのが、易占いなのです。
特に、われわれ日本人は東洋人なので、漢字の意味も分かりやすく、
とても相性がいい占い手法が易占いです。
では、そんな易占いですが、誰によって作成されたのか?
というと、「三聖」(3人の大天才)によって作成されたと言われています。
まず、「伏羲(ふっき)」が八卦と64卦を作りました。
この「伏羲(ふっき)」は、伝説上の存在で、上半身が女性で、下半身が蛇の人物です。
その後、(紀元前1100年ごろ)周の文王(ぶんおう)が卦辞(かじ)(64)を書き、
息子の周公旦(しゅうこうたん)が爻辞(こうじ)(384)を書きました。

そして、有名な孔子(前551~479年)が完成させたのが、易です。
孔子は『論語』の作者としても有名ですが、人類最高の書物、『易経』の作者でもあるのです。
この3人の大賢人(文王と周公旦(しゅうこうたん)は、親子なので一人とカウントされています)によって作成されたことから、
「易は3聖を経たり」と言われているのです。

DSC_0277

たいようの館

taiyou-y.tokyo

池袋・占い・当たる

徳大寺、亥の日にお参りを。

御徒町駅近くの徳大寺。

以前、財運関係でご祈祷を受けてご利益をいただいた寺院。

ここには聖徳太子の作といわれる「摩利支天像」が祀られていて、

摩利支天とをつなぐ役目を亥🐗が果たすことから、

亥の日が特別のご利益を得ることができるらしい。

今月は15日がそれにあたり、早速お詣りに行こうと思います。

「たいようの館」

taiyou-y.tokyo

池袋・占い・当たる

奇門遁甲パワーボックスで開運

奇門遁甲の開運では、吉方位に行くことを「立向」

吉方位にパワーボックスなどを置くことで開運する「坐山」の2通りあります。

本来であれば両方を使うことが最も効果的ですが、

坐山のほうが簡単なため、時間がない方などにはこちらをお薦めしています。

パワーボックスは下記のように作ります。

DSC_0250

さて、今夜14日深夜の1時から3時の間が大吉です。

方位は北西。

家の中心から見て北西方位にこのパワーボックスを置いてください。

何と月盤で「青竜返首」日盤と時盤でともに「虎遁」が廻座し、

長い間幸運が訪れます。

taiyou-y.tokyo

池袋・占い・当たる

風水と四柱推命の関係

風水鑑定を依頼されると、家屋の状態を調査しますが、

同様に、居住している家族全員の状態も診断します。

何故か?

同じ家に住んでいても、状況が悪い人から環境の悪い影響を受けやすいからです。

家の環境が悪い場合、本来ならすべての家族が同じような影響を受けて症状が出るはずですが、

そうはならず、誰かしら初めにその影響を受けて症状が出ます。

それは、その方の命式や大運に問題がある場合が多く、風水とともに

四柱推命における改善が必要となります。

「風水と四柱推命の関係表」(個人情報なので一部変更しています)

氏名        父    母    夫     妻     三元九運
生年月日    1945,4,23 1948,2,3 1966,10,3 1972,7,22
九星干支     五黄辛  五黄丙  五黄乙   九紫壬
命卦        坤    坎    坤     乾

1981年 一白辛酉     〇×     ×× 新築         第6運
1982年      大運 壬辰 大運 庚子
1983年         △× ↓
1984年      大運 乙丑                 第7運

×△     ××
1992年       大運 辛卯  大運 辛丑
1993年          ×〇
1994年                大運 丙寅
1995年                結婚    結婚
1997年                ××
1998年                     大運 乙丑
1999年
2000年
2001年 八白辛巳          ××△ 死去(肺癌)
2002年              大運 庚寅
2003年             ×〇
2004年         大運 丁卯               第8運
2005年
2006年
2007年                       ◎×
2008年                    大運 丙寅
2009年
2010年
2011年            ××
2012年        大運 己丑
2013年     ××
2014年               大運 戊辰
2015年
2016年
2017年 一白丁酉           ××
2018年 九紫戊戌  大腸癌発症 大運 丁卯
2019年 八白己亥
2020年
2021年
2022年
2023年                  ××
2024年               大運 己巳          第9運

上記は風水と四柱推命の関係を家族別に時系列で表にしたものです。

こうすることで、いつだれが何の影響を受けて、どのような状況にいるかがわかります。また、大運の時期に家屋がどのような風水の理気的な影響を受けているかもわかるので、対応もできるのです。

私は、この表をベースにして現状の把握をした上で風水と四柱推命の対策を考慮することが肝要だと考えます。

「たいようの館」taiyou-y.tokyo

池袋・占い・当たる

断易、奇門遁甲、応期について

断易、奇門遁甲には応期(おうき)と言って、卦や方位取りの結果がいつ実現するかがわかります。

断易の場合は原則的に

1、動くものは止まった時、または値日

2、静かなものは動く時、または値日に応じる時

とされていますが、基本的には用神の十二支の日や支合する十二支の日です。

奇門遁甲では、使用した盤(時盤、日盤等)からかなり複雑な方法で出しますが、

実は先日奇門遁甲で吉方位取りをした際、応期の前日に結果が出ました。

現実では必ずしも当日ということではなく、前後1日くらいの誤差は出るものです。

「たいようの館」taiyou-y.tokyo

池袋・占い・当たる

風水、3本の竹で開運。

風水開運で度々使用するものに、3本の竹(ミリオンバンブー)がある。

これは竹と言えど竹ではなくドナセラという観葉植物。

竹には金運、健康、長寿などの意味があるが、

風水では「水生木」で、水の勢いを弱めたり漏らす意味でしかるべき方位に置く。

東に置けば金運が高まるといった単純ことではない。

フライングスター風水では、方位を間違えると、逆に凶効果となるのだ。

DSC_0213

また、竹の葉が黄色く枯れることがあるが、

悪い気を吸収することで枯れる場合は良いが、

花瓶に雑菌などが入れば人工的に枯れるので注意が必要だ。

今回は、玄関のパワーが悪く、竹の木の作用で改善することから

このミリオンバンブーを3本を置くことにした。

「たいようの館」taiyou-y.tokyo

池袋・占い・当たる

断易「交通事故の救い」

50代女性の相談

「娘が交通事故に遭いました。横断歩道のない道路を歩いて渡っていた時、バイクにはねられて重症を負いました」

「当初はバイク対ヒトなので、たとえ横断歩道が無くても相手の過失責任で賠償してもらえるとばかり思っていましたが、横断歩道ではないことやその他の理由から、7:3ほどで娘の方が過失割合が多くなると、相手の保険会社の担当から通告されて困っています」

「娘が加入している車の任意保険には、車の運転時以外の保証がついてはいなく、過失割合の案分次第では高額な賠償金が請求されそうです」

「幸い娘が所有する車に、弁護士特約がついていたので、弁護士にお任せすることになりました。しかし、100:0にならない限りいくらかの支払い義務が生じます。どうしたら良いでしょうか」

娘は傷つき、会社は2か月以上も休んでいる。その上高額な負担金となると何ともいたたまれない。母親は悲痛な思いで相談に来た。

Q:娘と相手の過失割合と、その賠償はどうなるか?

鑑定日2018年12月14日

月/甲子 日/庚辰 空亡/申酉

本卦(天下同人)

孫(応)―戌

妻   ―申

兄   ―午

官(世)―亥

孫   ‥丑

父   ―卯

用神(闘いの場合は官鬼)は世爻に乗り亥は月建に旺じています。日辰の辰には土剋水で剋さてれていて状況は深刻(不利)ですが、月建から旺じられていることから、一縷の救いが見えます。子に旺じていることから12月の可能性が高い。

一方相手(旺爻)の戌は日辰の辰に旺じ強力(有利)です。不利有利で案分すると5:5では厳しく、良くて6:4か7;3(娘が不利)と考えられます。

さて、相談に見えて4日後、娘が加入していたカード会社の保険に、なんと人身傷害保険がついていたとの連絡がありました。

車の保険のことしか頭になく、先生がおっしゃっていた、一縷の望みというヒントから、そうだ、カードの保険にも加入していたことを思い出しました。これで、過失割合が悪くても自分と相手の金銭的な補償は保険で賄えることになりました。あとは、弁護士がどの程度の過失割合を勝ち取ってくれるかが焦点となります。

お母さんは一安心。

教訓『知らぬことは罪なり』

※本日は動爻がないこと、辰と戌の冲関係等には触れず、次回の課題とします。

壬jin

「たいようの館」taiyou-y.tokyo

池袋・占い・当たる