ブログ

風水・・・つづき

著者は、風水の大家故鮑梁明氏のご子息、鮑義忠氏。

ちょっと、文中から引用します。

p12

「もうひとつ苦言を呈しておきたいのは、神事、開運、風水、占いなどすべてに共通するのは、自分からは何もせずに「幸せになるにはどうしたらいいですか?」というくだらない質問をする人です。いわゆる「完全他力本願型丸投げ退室」です。このような人は大抵、人に意見を求めるにも関わらず、キチンと実行しない可能性が高く、その道のニセモノとは丁が合いやすいと言えます。つまり騙されやすいということです。

風水をは直接関係ありませんが、序章にはこのように書いてあります。

p13

「運気を上げたい」とか「開運したい」とか「幸福になりたい」などに、すべて共通するのは「決して受け身であってはならない」ということです。自分から動いて模索することが原則です。