ブログ

イタリアの話と奇門遁甲の関係とは・・・

昨日嬉しいことがりました。

占い館「たいようの館」では初の来客であり経験です。

2007年に14冊目の著書を発行しました。

タイトルは『アグリツーリズモに泊まる』eibunsya発刊

来客は47歳の男性で、この本を持参し、「やっとみつけました」・・と。

(実際、壬と私の本名は関係性がないので)

彼は会社を退社し実家のコーヒーショップをイタリアンに変えたいので、

とりあえずイタリアへ行き語学からショップのイメージまで学びたい、

そのためのアドバイスをしてほしいといいます。

占いではないけど、イタリアフリークとしては面白い話で、

久しぶりに執筆した当時を思い出しました。

さて、この日は八ヶ岳から東京に2時間の移動であった。

方位は東で乙奇昇殿の吉方位です。

この吉格は「相手の話に耳を傾け自分のことを話し・・」とあり、

まさに自分の経験が相談者の役にたつことで満足する日でありました。

奇門遁甲の当たるパワーに驚くばかり。